書籍情報
シャレード文庫

人工楽園

浅見茉莉(著)/あさとえいり(画)/
ISBNコード 9784576052113
判型 文庫判
定価 本体552円+税
初版年月日 2006年03月29日

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • 電子貸本Renta!
  • kindle

内容紹介

半端な身体は、恋する資格もないのだろうか?

研究者の桐原崇生は、病気の弟、晴夜に心臓を移植するため、晴夜のクローン、セイを生み出した。人里離れた山奥で二人きりで暮らすうち、いつしかセイを愛し始めた崇生は、良心の呵責を感じつつも自分に好意を寄せるセイを抱いてしまう。一方、晴夜は崇生の友人で外科医の加賀修平に預けられている。晴夜にクローンの存在をひた隠しにしてきた崇生と修平だが、ある日二人はついに互いの存在を知ることとなってしまう。セイは晴夜のために自分が犠牲になることを決意し、彼のもとへと向かうが――。
禁忌の領域に足を踏み入れた研究者×クローンの究極の愛! 同時収録は、修平と晴夜のカップルを描く「人造宝石」、1年半後の二人を追った書き下ろしつき。