• トップページ
  • 故きを温ね、新しきを知る 右手にメス、左手に花束9
書籍情報
シャレード文庫

故きを温ね、新しきを知る 右手にメス、左手に花束9

椹野道流(著)/鳴海ゆき(画)/
ISBNコード 9784576120324
判型 文庫判
定価 本体619円+税
初版年月日 2012年03月23日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • 電子貸本Renta!
  • kindle
  • booklive

内容紹介

死ぬまで……いや、死んでも、お前だけやで
ポリクリの学生にマジギレ寸前の江南をよそに、大西には人生の春が!? そしてクール・ビューティー楢崎の恥ずかしい過去が晒される!?


師走のとある夜。篤臣はいつになく沈んだ様子の江南から、消化器外科に来たポリクリの学生に手を焼いていると聞かされる。学生の名は板倉祐二。今風の容姿にそつのない振る舞い、しかし板倉の本質はモラトリアムという楢崎の言葉に、臨床の現場でいつか問題を起こすのではと篤臣たちは案じていた――。一方そんな心配をよそに、もう一人の消化器外科医には春が。見たことのない大西の姿に驚きと失笑を禁じ得ないものの、同時に様々な人生の節目に立ち会った江南と篤臣は、結婚の誓いを思い返し…。