• トップページ
  • 月にむら雲、花に風 右手にメス、左手に花束8
書籍情報
シャレード文庫

月にむら雲、花に風 右手にメス、左手に花束8

椹野道流(著)/鳴海ゆき(画)/
ISBNコード 9784576101170
判型 文庫判
定価 本体619円+税
初版年月日 2010年08月24日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • 電子貸本Renta!
  • kindle
  • booklive

内容紹介

お前のためやったら、俺はなんでもするからな
消化器外科で助手に昇格した江南に続き、篤臣もついに鑑定医へ。
その重みを受け止めようとする篤臣に江南は…


助手に昇格した江南に続き、篤臣も恩師の城北教授から鑑定医への昇格を言い渡される。法医学者としての独り立ちを意味する鑑定医という職の重責のもと、篤臣は司法解剖を初めて仕切ることに。だが待っていたのは、自身の覚悟を根本から揺るがす悲しい事件だった。苦しむ篤臣の背中を姉のような上司・美卯が、気障な友人・楢崎が、何より篤臣を『自慢の嫁』と言って憚らないパートナー・江南が押していく。優しい人たちの支えに、篤臣は祈るように、静かな決意を胸に立ち上がる。江南はそんな篤臣のため、とある計画を立てるが…