書籍情報
シャレード文庫

愛されすぎだというけれど

中原一也(著)/奈良千春(画)/
ISBNコード 9784576100852
判型 文庫判
定価 本体619円+税
初版年月日 2010年06月24日

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • 電子貸本Renta!
  • kindle
  • シーモア
  • booklive
  • ebookjapan

内容紹介

先生が感じると、きゅっと締まりやがる。名器だよ
平和な日常を取り戻した坂下と斑目。
しかし坂下を執拗に狙う斑目の弟・克幸の魔の手は着実に伸びていた。
シリーズ第三弾! 斑目兄弟戦争、ついに決着!!


日雇い労働者街で診療所を営む医師の坂下は、元伝説の外科医にして彼らのリーダー格の斑目といつしか深い仲に。北原の一件も片づき診療所にいつもの風景が戻ってきた。しかし、街には路上強盗が溢れ、ドラッグまでが出回り始める。平和な日常を脅かす黒い影に坂下は、斑目の腹違いの弟・克幸が絡んでいることを知る。執拗に自分を狙う男に決して屈しない。そう決意する坂下だが、その強い意志が逆に克幸の興味を煽り…。坂下を巡る斑目兄弟戦争、ついに決着の時!

『愛してないと云ってくれ』、『愛しているにもほどがある』シリーズ第3弾!